ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

面白い結婚

2015.01.27

■一例では1930年代の南スーダンで

牧畜民ヌエル人が結婚するには、

花婿側から花嫁側へ牛を贈る義務があり

 

この牛がかなり大変な負担であり、

取り決められた牛を支払い終える前に

夫が死ぬこともあり、その場合は、

亡き夫の親族が牛を払い、

死者の名前で結婚するのです。

 

「亡霊婚」と呼ばれます。

「中止じゃないのね」というものですが、

これって女性同士でも牛を贈れば出来るので

今現在ではようやく出来るように

なった同性婚ですね。

 

人の結婚と牛の支払いが同列で価値のある事なんですが

それだけ牛の経済的価値と栄養的価値が

高いと言うことではないでしょうか?