ブログ

遠山の金さんの中風

2019.04.15

江戸時代に出てくる奉行の仕事 朝は6時 評定所 10時に江戸城 14時 奉行所のお裁き 16時から24時まで書類決済

これがある意味ブラック的な仕事に思えるこの仕事を精力的に長くこなした名奉行遠山の金さんはとても有名ですね。

しかし南町奉行から北町奉行になって中風(脳卒中)を起こしました。享年63歳 働きすぎいわゆる隠れ疲労があると言われています。

この隠れ疲労対策は良質の睡眠と言われますが実はそれ以外に良質の疲労回復の栄養素が足らな恐れがあると思う。

なんせ 疲労による破壊や炎症は睡眠だけでは無理なんです。ここで必要な栄養素と量を考えなければならないと思いますよ