ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

身体つくりが進む事

2014.10.26

アレルギー症状が進む場合に、

刺激物(チョコ、とうがうらし)を摂りすぎて

アレルギー反応が起こることがあります。

もちろんそんな刺激物を摂らなくてもお肉など高タンパクで

起こることもあります。

 

ではなぜ 両方の場合があるのでしょう。

身体作りを進める場合は栄養素という材料で

熱を使い身体を作りますがその主成分はタンパクです。

これが反応しやすいというと言う事ですね

刺激物で反応するのは身体つくりとは

本来関係のない反応ですね。

 

ということは身体つくりをして起こる反応のほうが

まだ理にかなっているので完全なるタンパク制限食は

問題があるように思います。

 

刺激物はその代謝能力の程度がモノをいいます。

 

両方ともにその不快なアレルギー反応を抑えながら

免疫活性を促すビタミンがあります。

よく聞くビタミンで正式名称は

アスコルビン酸でした。