ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

語りと栄養

2014.12.29

赤ちゃんは驚異的な学習能力を持ち。生後1年間で劇的な成長を

遂げるのですがそれに必要なのは「愛情という名の栄養」だ。

と語るのはユディジット・バタチャルジーさん。

 

乳幼児から言葉がけの多さによりIQや学習成績が上がるという。

これは米国カンザス大学心理学研究では低所得者層と高所得者層では

言葉の語りがけ数が約3.5倍も高所得者層が多かった。

また短い命令調が多い低所得者層と違い長い会話がなされる高所得者層。

結論は言語発達のための「栄養」が不十分だということでした。

この愛情には言葉による言語発達と本当の栄養による脳神経の

発達もあると思うのですね。

要は楽しい会話をしながら美味しい食事が

それにあたるのではないでしょうか?

さらに本格的には過不足のない栄養が大事ですが、、、、