ブログ

腹八九分目

2019.08.18

これらを含めた養生訓を実証して長寿になった人がいます。

江戸時代の儒学者であり、生まれつき身体が弱かったので医師の父も含め自分を強くするために独学も勉強した貝原益軒そのひとです。

他に60-80冊もの本を書かれていますが紀行文もありますね。旅行に度々出かた益軒 東軒夫婦は思い出しては文字化して綴ることは認知予防と言われていますね 食べすぎず そこそこに動いて 頭を働かせるというものですね。