ブログ

腸内細菌と肥満と薬

2014.09.27

腸内細菌と言えば代表はビフィズス菌、乳酸菌ですが この腸内善玉菌にまた優れた働きの証拠が出たという   ワシントン大学のJ・ゴードン氏によると 偏った腸内菌だと脂肪の蓄積(肥満)をしやすいとか 血糖値が高め傾向になるとかがわかりました。 上手に善玉菌を調整しないといけないという事 だから便秘 下痢 消化吸収だけではないいんですね。   また体外受精児や帝王切開などの分娩では 母親さんから先祖からの菌を受け継いでいない、、、 やはり腸内菌が偏る傾向のため便秘などの話を 直接よく聞きます。 これらから内なる生態系からの肥満対策、高血糖 腸の不調などはもともと住みついている善玉菌を 増やす「増殖植因子」と「善玉菌そのもの」がいいでしょう。