ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

脳の病変と動作

2014.10.28

10月12日の毎日新聞で脳の病変(白質病変)があると

右折時にふらつきが出て暗算しながらだと

何の病変もない人より無駄な動きが

約4倍も増える また信号無視も増えるという

まさしく携帯いじりながら車 自転車と同じくらい

危なくなるということかも知れません。

 

これらの多くは脳の血流不足や脳血管変性も多く

いかに血液を問題なく流し、血管を若返らせる

方法と摂ればいいかとも考えられるのです。

 

代表的なの神経変性疾患は、アルツハイマー

パーキンソン ハンチントン ALSですが

これの神経を構成しているタンパク質 脂質の成分が

高機能を出すために折りたたまれていますが

これが「異常なたたまれ方」をされたタンパク質の

脳内での蓄積が記憶低下や衝動抑制、

筋肉障害を起こすようです。

 

☆自分で自分の頭の中の整理整頓と掃除する

●整理整頓(ゆがみや血流)と

●掃除(免疫細胞や酵素)を栄養素などで活性化して

元気になってほしいものです。