ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

肝炎感染再確認

2014.12.20

12月17日の朝日新聞に新たに155医療機関が

C型肝炎ウィルス感染の可能性が高いフィブリン投与の

病院名のサイト(追加分?)が公表されています。

昨年10月に5677施設を対象に

投与状況を改めて調査し、4119施設が回答した。

801施設が1万4127人に投与したが、

うち投与を伝えられた人は602施設の7666人だった。

残り知らない人が6461人です。

投与した医療機関名が確認できる 厚生労働省ウェブサイト

(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000068791.html)

再度確認した方がいいですね。

 

肝炎は「深く静かに」進行する症状が出ない病気で

だるさが一般的 肝臓機能数値が一時上がり

慢性化または線維化すると今度は下がる傾向があります。

それをほっておくと肝がんへ進行するかも知れません。

でも薬を飲んでもほとんどの方の肝臓は小さく

なっていくのが普通のようです。

では「どうすればいいのか?難しい問題ですが

小さくならないように栄養の塊である肝臓に

毎日適切に豊富な栄養素を必要な分

入れてあげて肝炎による肝臓細胞の壊れに負けないように

日々細胞作り直すように努力するしかないでしょうね。

これが正道ではないでしょうか