ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

絹のボルト 吸収される糸

2014.10.03

時代はまさに体内で行われる反応を外でする時代です。

 

骨折時の金属製ではない絹タンパクボルト(動物実験の段階)

か吸収される縫合糸とか、外である程度進めたものを

山中教授のIPS細胞もしかり体内での反応を外で

進めようということですよね。

 

元をただせば

本来自分自身でやるべき話なのに

それができない時代や身体になっています。

 

もう一度お母さんのお腹に戻って

身体を作り直しても遅くはないのではないでしょうか?

お腹の中に戻るということは

必要な栄養素をしっかり摂ると言う事ですね。