ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

睡眠環境

2015.03.24

最近の整体希望の方には

女性の首がまっすぐのストレートネックが多いし、
寝る前のスマホ15分以上は(私の意見)は

不眠を誘発するし、取り巻く睡眠環境はきつい。
■プレジデントオンラインの記事では

寝る前スマホは寝る前に飲むエスプレッソだと、、、、

これはきつそうですね、、、、
いい環境作りとは

1)寝る数時間前にぬるめの湯につかり、副交感神経の働きを高める。

2)部屋を暗めにして、睡眠ホルモンメラトニンを分泌させる。

3)神経を休める音楽を聞いて、リラックスする。

4)身体を動かす、疲労させる。軽い動きで血行を良くする。

5)寝るときには、光と音を遮断する。

6)90分の倍数の睡眠時間とし、ノンレム睡眠時に起きる。
これらの環境作りをうまく作ることも大事で

それに合わした疲労や神経系の代謝回復を

上げる栄養素もとても大事なのです。
神経系の疲労代謝は

神経のエネルギー代謝でもあります。
このエネルギー代謝が酷使されて疲労へとつながるので

これをスムーズにする必要があるのです。
●目の周りの筋肉をほぐしたり、

●頭蓋骨の調整もなかなかいいものがあります。

でも必須のビタミンを摂る方が圧倒的にオススメとなります。
☆そして寝ている間に頭や身体の

修復や維持(メンテナンス)を

するのでタンパク質もいるのですね。
その栄養素関心があればご質問くださいね。

 

参考 プレジデントオンライン記事から

http://president.jp/articles/-/14854?utm_source=0324