ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

発声トレーニング

2020.04.08

「肺炎がいやなら のどを鍛えよう」著書 西山耕一郎医師の

飲み込む力をアップさせるのに呼吸機能の改善も必要ですね。

そしてそれが遊びながら出来るのが理想

 

飲み込むというのは嚥下することであり

それは「のどごっくん」でもあります。

これは嚥下と発声がほぼ同じ筋肉を使っている

だから発声する カラオケ 自宅で出来ますね。

この発声 高い声だと喉仏が上がる

低い声だと下がるので高い声が必要なものと

低い声が必要な歌を歌うとトレーニングになる。

今まで のどごっくんトレーニング

呼吸トレーニング

発声トレーニングしてきましたがどれをするかは

好き好きですね。でもどれかを続ければ確実に良くなる。

そして何事にもそのエネルギーや代謝酵素の必要栄養素も重要