ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

歩行と心臓

2018.06.16

歩行速度が遅くなると心臓疾患リスクが上がる 英国での研究発表では死亡も高くなったという。

その中でBMIが低い:痩せている人が多いという。

これらは何らかの理由で低栄養・低運動 歩行もしない。

 筋肉量の低下が進んでいることが明らかで かつ慢性的な状況が心臓に影響すると考えられますね。

もちろん精神安定剤や睡眠薬系で極端に歩幅が小さくなり 歩行速度も遅くなることもあります。

まずは必要な栄養素をしっかり摂り、動くでしょ

でも歩行が遅いと横断歩道を渡れないことが起こりますがその速度は1m1秒あればいけるそうですが あなたは?