ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

最新のステント

2018.03.11

金属性のステントと生体吸収性のステントがあったことさえ知らない人が多いかも知れませんが今その生体吸収性ステントが世界的にも販売が終了したらしい、、、? ですが

この最新のステントはステント後の発生リスクは36%と今までのものより優位に低いというデータになっていますが

まぁまぁあるなーと思いませんか?

ステントを入れる入れないなど選択出来るほど軽い方ならいいですがもう心臓詰まりそうですよという状態の人が対象ですからね。

根本療法をしましょう。

まず血液粘度を上げるものを抑えて血管の材料を摂る。

血管の修復や再生を促す代謝補酵素を考えるですね。