ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

抗凝固剤となるもの

2014.10.14

抗凝固剤なるもの 名前のごとく凝固をあらがうとなるが

実際には血管内の血液凝固を邪魔するわけです。

それはどんな時?

 

A.血の塊などが血管内に蓋(血栓)をするときでしょうか?

B.血液の流れをよくするためでしょうか?

 

Aが理想ですが血栓予知なんて出来ないから

予防のためにずっと飲むしかない?

B.は正直そういう薬ではないでしょう。

血液凝固を「させない薬」であって流れをよくする

薬ではありません。

その証拠に服用者は血が止まりにくいため

交通事故では命が危なくなるので告知が

必要となります。

 

私が思うに血管の障害は脳と心臓が深刻で、

血管の材料を食事も含めたもので栄養強化

すると血管が破裂しにくい、傷が再生しやすいなどと

考えられるのではないでしょうか?

単純すぎますか?

ぜひ血管の栄養材料を摂りましょう。