ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

成長と食事

2014.12.01

昨日の新聞で文部科学省が全国体力・運動能力 運動習慣等調査の結果

幼児期に身体を動かす遊びをしていた子供の体力・運動能力が高い傾向がわかった。

そして「データ上」では人口が多い都市を含む地域で中学生の体力運動の能力が低い

データになっているようです。

 

遊ぶ場所も限られていますがでも一人遊びやゲーム等なの遊びに夢中になり

食事ではなく間食(パン、お菓子)を食べすぎの傾向ではないかと思います。

これでは丈夫な身体つくりは難しく成長いい加減になりそう、、、、

その証拠に明らかに肥満増と運動能力の低下があるのではないでしょうか?

規則正しく食事で身体に必要な栄養素を摂り、動ける環境を作るのも

大事ではないかと思います。