ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

性差も考える。

2017.12.07

米国の食品医薬品局は 睡眠薬日本名マイスリーで男女でも有害反応の差があると結論付けたのが2013年1月でそれは女性が15% 男性が3%という大差がついているのですね。

でもそんな話聞かないでしょ 実験動物でもほとんどオスばかりです。女性と男性の性差が理解されていないのですね。

薬もそうなんですが栄養もあるのです。女性は男性と違い子宮卵巣がありこの臓器は特にミネラルと関わりが強い 例えば鉄性貧血も鉄不足ですがこの鉄も生殖系と関係が深い性のミネラルと言えるでしょう。

婦人科疾患はミネラルが不足すると問題が出来そうですね

しっかり摂りたいものです。 必要なミネラル、、、