ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

心臓血管疾患良くなるの?ダメなの?

2014.09.29

9月16-19日の欧州糖尿病学会で

低炭水化物ダイエットは心臓血管疾患危険因子を改善させると

低炭水化物の仕方により心臓血管を増やす?と

2つの論文が出ています。

さて

あなたはどのパターンでしょうか?

初めの分は、体重減少に伴う改善ということです。

 

2つ目の分は、低炭水化物の減らして代わりに脂質を摂る?

その脂質を選んで摂りすぎたら

問題となるでしょう、、、、って感じ。

 

必要以上にいいと思って不飽和脂肪を

摂らないほうがいいということでしょう。

また飽和脂肪酸のラードをたくさん

摂る人見たことがないので

大丈夫ですよね、、、

 

食事はバランスですよね。

「過ぎたるは及ばざるが如し」ですが

調理油など流行の不飽和脂肪酸の摂りすぎが感じられます。

 

ただし栄養素療法は特定の栄養素を強化する

実践法ですよ。