ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

切迫流産の時の薬

2017.10.16

切迫流産の時に出される塩酸リトドリンの調査結果が国立成育医療センターが発表されました。

その中身 妊婦が20日以上使用者の子どもが5歳の時にぜんそくを発症するリスクが17.4% 19日以下の場合17.4%

この薬を使用していない9.2%でした。

これらから薬の使用には注意が必要ということになるのですが

そうは言ってもどこに注意すんねん、、です。

それを言えば 薬の副作用情報を知り、それが出るか確認をする

季節の変わり目や本格的な暑さ寒さの時にかゆみ 咳が出る

血液検査の免疫系の顆粒球に問題が出ることなどですが、、、

でも一番 成長期に必要で大事でものは何? 栄養素です。

これを外しておいて問題があったとすれば 検討して欲しいね。