ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

メモリー低下の栄養学

2020.02.18

脳のワーキングメモリーが低下した
軽度認知障害の恐れがある場合の栄養の分担を見てみると

栄養素の内容の詳細は神経細胞の主成分はタンパク質です。

その神経代謝の補酵素はビタミン・ミネラルで

食事だと果物 貝類がピンと来るでしょうが

12種類と15種類も必要です。

その神経細胞の保護作用では脂質がポイント
(EPA DHA コレステロール)となるのですが
これは文字通り魚のオメガ3やでんぷんから生合成します。

そして神経伝達物質のコリンも重要ですね。
肉 卵から摂りましょう。
東フィンランド大学の研究から言われています。

神経細胞だけでもこれだけ必要なんですね。