ブログ

ビタミンKの制限

2019.04.13

血液抗凝固剤のワーファリンを摂取しているとビタミンKと拮抗するために薬剤量が増やされるためにVKを含む食事制限がなされる。これが実はしなくていい遺伝子型がある可能性が高いことが分かった。

日本医科大学多摩永山病院の長尾毅彦氏らが発表した。これにより一律的なVKを含む食事制限の有無が問われるわけですがこれって調べないとわからないですね。

だから元々の話になれば血管が最低レベルの血管強度や柔軟性を持つことそして血液が余剰な糖質などがないことがこれらの薬量を少なくさせることにつながりますね。必要な栄養素の摂取と上手な薬の使いかが必要です