ブログ

ハートの修復

2017.11.15

心臓発作から命をあると安堵しますが数日するとその発作後起こる瘢痕組織が心臓にダメージをもたらす恐れをあまり知らていない ※瘢痕とは傷や壊れが起こり肉芽組織を経て修復する 傷があってその傷跡に盛り上がる組織ですね

これは適切な鼓動を続ける能力が損なわれ拍動が乱れて心不全につながりやすいという。

これらのメカニズムは炎症が起こって抑えられない

心細胞が機能低下し、血管成長がされないなどが悪影響する

これらの反対を行うことが出来れば心臓の修復が可能となる。

この炎症にや血管成長 心細胞の増殖を進めるのは

実は栄養因子でありビタミン3種類がとても有効なのです。

気になる方は是非お試しくださいね。