ブログ

最近の投稿

アーカイブ

  • 当研究所について
  • ヴィタ研究所治療
  • サプリメント

ブログ症状別一覧

  • カテゴリーなし
  • メールマガジン

お知らせ

「がん」診断のあれこれ

2014.10.09

先日「金スマ」というテレビ番組で元慶応大学医学部講師の

近藤医師が話した内容が私の事務所で話題にひとしきりでした。

 

ガンはガンもどきとたちの悪いガンの2種類あり、

ガンもどきまたはたちの良いガンは放置した場合

なくなる可能性もある、、、

 

そして転移をするようなたちの悪いガンは

治らないので治療はしなほうがいいんだと、、、

すごいことですね、、、、、、

 

確かに私はガンかどうかは別にしてそこに

あった影や腫瘍らしきものが

なくなることは何度か目にしています。

 

そしてこのガン診断は病理医に診断を

出してもらうべき仕事であること。

またガンの病変部は全てガン細胞という

勘違いに陥っているために驚くことです。

実は健康な細胞がこの腫瘍の中に含まれているのですね。

正常細胞がガン化することは知られれているのですが

私たちにできることは正常な細胞がもっと

元気になれるような栄養環境を作るべきではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

がんというのは転移して臓器不全を起こして

死ぬというイメージですよね。